体脂肪率を下げる方法|筋トレや食事、効果のある飲み物など紹介

MENU

筋トレで体脂肪率を下げる方法は何?

筋トレで体脂肪率を下げる方法はたくさんあります。体脂肪率は名前の通り、体の脂肪の量を表す値です。
体の中の脂肪の量が増えてしまうと、肥満を引き起こしたり生活習慣病に繋がってしまったりします。
そのような事態にならないためにも、日頃から体脂肪率のことを気にしておくことが大切です。
体脂肪率を下げる方法はいくつかありますが、その中に筋トレをする方法があります。
筋トレは運動ですので、体脂肪だけではなく健康のためにも効果があります。
筋トレにもいろいろありますが、一番手っ取り早くて値を下げる効果がある方法はスクワットです。
体脂肪率を下げるために必要な方法は、筋肉の量を増やすことです。
筋肉の量を増やすと自然に体脂肪が減りやすくなりますので、人間の体の中にある筋肉の中でも一番筋肉の量が多い脚を鍛えることが一番の近道になるのです。
スクワットは道具もいりませんし、いつでもどこでも気軽にすることができます。
ふくらはぎだけではなく、お尻の筋肉にも効果的ですのでとても効率がいいのです。
スクワットをすることで、成長ホルモンが分泌されてお肌の調子がよくなることもあり、健康にも美容にも効果がありますので一石二鳥です。

 

 

体脂肪率を下げる食事のメニューは何?

体脂肪率を下げる食事のメニューは、世の中にたくさんあります。
体脂肪率は健康を維持するにあたってとても大切なものですので、意識していかなければなりません。
体脂肪率とは、体重に占める体脂肪の割合のことで、体重の何%が脂肪であるのかを表しています。
男性は10%から19%、女性は20%から29%が平均値とされています。
体脂肪が増えてしまうと、生活習慣病になってしまったり、体にとってよくない症状が出てきてしまいますので、気をつけていくようにしましょう。
体脂肪率を下げる効果がある食事は、やはり和食です。和食はカロリーが低く、ヘルシーなメニューが多いので、体脂肪にも効果があります。
しめじやしいたけなどのきのこ類は、カロリーが低く食物繊維が豊富に含まれていますので、ダイエットにも効果的です。
海藻類は、ミネラルや食物繊維が豊富に含まれていますので、体脂肪率を下げる効果があります。
野菜には、ビタミンやミネラルがたっぷり含まれていて、カロリーも低く体にとって必要な食材です。積極的に取り入れましょう。
これらを使った食事のメニューは、体脂肪はもちろん健康な体作りに不可欠ですので、ぜひ毎日の生活に取り入れていきましょう。

 

 

男性の体脂肪率を下げるための運動は何がいい?

男性が体脂肪率を下げるために行う運動は、有酸素運動が一番おすすめです。
有酸素運動とは、簡単に説明すると「息を吸ったり吐いたりしながらする運動」のことを指し、ウォーキングやジョギング、エアロビクスなどが該当します。
男性の場合は皮下脂肪よりも内臓脂肪の方がたまりやすいという特性を持っておりますが、それを落としやすいのが酸素を取り入れて体を動かすことなのです。
男性は女性のような皮下脂肪が少ない代わりに、内臓の周辺に脂肪がたまります。
その量が多くなるといわゆるビール腹のような出っ張りのある腹部となり、見た目が悪いだけではなく生活習慣病の要因ともなり健康のためには良くありません。
メタボリックシンドロームとも呼ばれる中年太りのほとんどが、この内臓脂肪が原因なのです。
有酸素運動は、この内臓脂肪を落とし、体脂肪率を大きく下げることが可能です。
正しいやり方を継続することで、劇的な体型変化や体脂肪率の低下を実現し、健康を取り戻したいものです。
一般的には、負荷のかかる継続時間が長いほど効果が現れるとされています。
ウォーキングのような軽い動きであれば1時間程度、ランニングなどの比較的大きな動きであれば30分程度から内臓脂肪が燃焼します。
体脂肪率を下げるためには、一定の負荷をかけ続けることが肝心です。

 

 

40代女性の体脂肪率を下げる方法とは?

40代女性の体脂肪率を下げる方法とは、どんなものがあるでしょう。
それは、筋肉をできるだけ減らさずに脂肪を減らすことです。
食事制限によるダイエットの場合、筋肉も一緒に減りやすい為、体重が落ちないのに体脂肪があがってしまうということにもつながります。
女性のダイエットでもっとも多いのは、短期間のうちに体重だけを減らすというダイエットですが、短期間で食事を減らして体重を減らすと、脂肪も減ると同時に筋肉も減ってしまいます。
特に女性の40代というと、基礎代謝も落ちてなかなか体重が落ちにくくなってしまいます。
体脂肪率を減らすために必要なことは、炭水化物を制限して、体内の筋肉の割合をできるだけ落とさないこと、筋肉の減少を減らすために筋トレも行うことが大切です。
ただ、40代の女性の場合、筋肉を増やすことは難しいため、体重にとらわれずタンパク質が多い食事と筋トレで見た目を引き締めて、体脂肪率を下げることがポイントです。
体重が同じ3kg減ったとしても、脂肪や筋肉がどのくらい維持されたかで違うのが一目瞭然です。
食事制限のみで短時間のダイエットをした場合、どうしても筋肉も減ってしまいますから、タンパク質を積極的に摂って、筋肉をつけることが体脂肪率を下げるには必要です。

 

 

お茶などの飲み物でも効果ある?

お茶などの飲み物で体脂肪率を下げることは可能です。最近、体脂肪を減らせるというお茶が大手メーカーから販売されています。
体脂肪は、そのままだと消費することができず、分解されて脂肪が燃焼することでやっと消費されます。
飲み物の中には、脂肪分解酵素を活性化させる成分の働きで、体脂肪率を下げることが可能なものもあります。
お茶などの飲み物の他で体脂肪率を下げたい場合は、運動が効果的です。
特にウォーキングや水泳などの有酸素運動と筋肉トレーニングを組み合わせると、効率良く体脂肪を減らすことができます。
体脂肪を減らしたいからと無理なダイエットをしても、逆に代謝が悪くなり、健康にも悪影響が出ることがあります。
女性の場合、過度のダイエットをして生理が止まってしまう人もいるので、注意が必要です。
お茶などの飲み物と運動を併用することで、健康的に体脂肪を減らしている人は少なくありません。
最近は、体脂肪率を下げるためのサプリメントも、様々なメーカーから販売されています。
特に燃焼系のサプリメントは人気が高く、男女を問わず多くの人が利用しています。
ただ、燃焼系のサプリメントは体脂肪の燃焼をサポートする補助食品なので、正しい使い方をすることが大事です。

 

 

参考サイトはこちら

体脂肪率を下げるには、何はともあれ今までとは異なるライフスタイルにしていくのがポイントです。
そうすることで、体重などにも変化が表れてくることにつながるかと思います。
ただ、体脂肪率だけが順調に変わるならいいのですが、それ以外にもお通じが悪くなるといったことも。
お通じを改善するのに参考になるサイトはこちらです。興味があれば、覗いてみてください。

 

それと、体脂肪率を下げるには、食物繊維も大切です。

 

食物繊維が多い果物や飲み物は、身近にたくさんあります。
便秘になると、まず考えるのが食物繊維が多い食べ物を意識することです。
食物繊維を普段の食生活に自然な形で取ることが出来ると理想的です。

 

まず、食物繊維が多い果物の代表的なものは、バナナやりんご、レモンなどです。
あまり知られていませんが、アボカドにも、とても豊富に含まれています。
果物の中でもアボカドは100gあたり5.3gもの食物繊維があり、不溶性と水溶性の両方が一度に取れるので、とてもおすすめです。

 

参考サイト:食物繊維の多い果物や飲み物

 

このように、食物繊維が摂れ、便秘改善が出来る食品は身近なものでたくさんありますので、意識して毎日の食生活に摂り入れるといいですね。